災害に対応し得るか調べる

工事

日本は地殻プレートや海溝などの要因により地震の多い国です。そのため、地震に備えた災害対策が大切です。地盤調査は、建物の施工に耐え得る地盤であるかなど土地の強度を図る重要な調査です。また、防災マップなど災害対策にも利用されています。地盤調査から自分が暮らす場所の危険を知り対策をすることが必要です。

詳しく見る

作業員

住宅建築は地盤が重要

住宅建築においては、地盤の強度がとても重要ですので、しっかりとした地盤調査を行わなければなりません。地盤調査の結果、強度に問題があったとしても、きちんとした地盤改良を行えば、問題なく住宅を建てることができます。

詳しく見る

作業員

住宅を建てる地盤を調査

住宅を建築する場合には、地盤の調査が重要になります。地盤調査の方法としては、費用はかかるものの信頼性の高いボーリング地質調査や比較的簡単・安価に実施できるスウェーデン式サウンディング試験などがあります。

詳しく見る

重機

住宅の購入や建築の前に

住宅の購入や建築に多くの費用がかかる上に、地震が発生しやすい日本では、地盤調査がよく行われています。回転式ロッドや振動を伝える機器を使った地盤調査があり、これらには5万円ほどの費用がかかります。大きな建物の建築前には、ボーリングマシンでより深い部分まで調査されます。かかる費用は15〜20万円です。

詳しく見る

ヘルメット

安全な暮らしのために

良好地盤や強固地盤に建築された建物は、地震や台風が発生しても、簡単には傾いたり歪んだりしません。しかし軟弱地盤の建物には、その危険性があります。そのため建築前には、地盤調査が行われています。軟弱地盤だった場合には、地中に支柱を入れるなど安全性を高める施工をするためです。

詳しく見る

住宅建築のポイント

重機

住宅の地盤が重要

住宅建築を行う場合に重要なポイントとして、宅地の地盤のチェックがあります。どんなに耐震性に優れた住宅を建築したとしても、地盤の強度が十分でなければ、地震などの災害時に建物倒壊の恐れがあります。そのため、住宅を建築する場合には、地盤調査が必須とされています。特に、もともと埋立地である場合や盛土をした場所の場合には、地盤沈下の恐れがあります。地盤調査を行うことで、地盤の強度を確かめるだけでなく、強度が不足する場合には地盤改良を行うことも検討することができます。地盤調査の方法には様々なものがありますが、最も一般的に行われる調査方法は、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれるもので、住宅の基礎となる部分に一定の負荷をかけて強度を確かめる方法です。この方法は、安価にできるので、住宅建築の場合の一般的な地盤調査の方法として採用されています。基礎となる部分の強度のみを調査する方法ですので、宅地全体の強度をチェックすることができないという課題もあります。その他にも、ボーリング調査により地盤の強度をチェックする方法や音波探査によって地盤調査する方法もあります。ただ、低価格かつ短期間で実施できる方法としては、スウェーデン式サウンディング試験が最も優れています。住宅建築においては地盤が重要ではありますが、地盤調査の結果を踏まえて、適切な地盤改良を行えば、問題なく住宅を建築することができます。そのためにも、まずは地盤調査を行うことが重要になります。